05/22/14

銀行系キャッシングの即日融資は口座がいるの?

銀行でも、即日融資や少額ローンのキャッシングを扱うところがどんどん増加傾向にあると言われています。今まで住宅ローンなど、かなり大きな買い物で利用するローンを提供するというイメージがあったかもしれませんが、現在は学生やフリーターも利用できる、消費者金融と同じような商品があるのです。


即日融資に口座が必要になるの?

銀行の顧客というと、口座を持っているということが最もわかりやすいことかと思います。銀行系カードローンは口座を持っているほうが便利になるという声はありますし、口座を持っていることで、融資を振り込んでもらうことのできる時間帯が少し長くなるというようなメリットがあるところも、銀行キャッシングでは多いのですが、即日融資の場合には、審査の申し込みと同時に口座開設ができる、あるいは口座が別の銀行でもいいというローンが多いそうです。


口座開設を同時に行う場合は書類を返送

同時に口座を開設する銀行系カードローンの場合には、後から印鑑を押す紙などが送られてきますから、それに登録するハンコを捺して返送する必要があります。そのため即日融資や口座開設の後に、最寄りの店舗に行く手間はかかるそうです。またその銀行のネットバンクを利用している場合には、ネットバンクのみで対応できることもあるそうです。

05/22/14

即日融資は誰でも利用できるの?

即日融資は本人確認書類のほかに原則として必要な書類がないことや、数万円など少ない金額の融資にも応じてくれるというメリットや、時間をかけないで利用できるという点から、多くの世代で人気にある商品と言われています。即日融資が利用できない人というのは決まっているのでしょうか?


即日融資は二十歳以上から利用できる

学生であっても、二十歳を超えていることやアルバイト、パートをして自分自身が収入を得ていることが条件となっていることが多いそうです。消費者金融の即時融資では、学生でもOKという会社も多いのですが、銀行系キャッシングでは学生はNG、フリーターはOKという場合もあります。審査条件はホームページなどに公開されていますので、社会人でない場合、念のために確認を行うと審査申し込みで焦ることもありませんね。


高齢者が難しいケースも

多くの場合、75歳以上など年金以外の収入を改めて得ることが難しい年齢になると、なかなか融資はしてもらいにくくなると言われています。多くの高齢者が、年金以外に貯蓄や、所得などがあることが多いのですが、万が一のことがあったときに支払えなくなる可能性がある、ということもあり、審査面では厳しくなるという声があります。

05/22/14

即日融資は女性も安心して使える

即日融資や消費者金融、キャッシングの利用者で増加しつつあるのが、女性の利用者だそうです。今までは男性やサラリーマンが利用するものというイメージの強かったものですが、女性の一人暮らしや、社会進出によって徐々に増え始めたと言われています。


即日融資の申し込み前から利用できる

即日融資を初めて使う場合、審査の申し込みやどんな方法で借りるのかなど、不安に思うこともあるかと思います。悪いことをするわけではないですが、人に相談しやすい内容ではないため、余計に審査前から余計な不安を抱きがちになるのです。そこで、女性専用ダイアルというものを設け、女性が安心して即日融資やそのほかの金融商品を利用できるようにしています。


女性オペレーターと相談できる

審査前はもちろんですし、利用中に限度額をアップしてほしい、などの相談もすべてレディースダイヤルと呼ばれる電話番号で対応してもらえますから、利用中も安心して相談や、今後の返済プランなどを一緒に考えることができるそうです。利息などは、一般的に利用されるフリーローンと変わらず、スピードも、同じ会社で扱う即日融資とほとんど変わらないという会社が多いそうです。女性はレディースローンプランのある会社というのをポイントの選ぶこともできますね。

05/22/14

即日融資サービスで人気のサラ金の法律

サラ金では、ずいぶん昔から少額ローンなどと呼ばれる、金額の低い融資を、担保や保証人制度を利用せずに借りることのできるサービスを行っていました。この中でも、時間がない人へ向けた即日融資のサービスは人気が高く、今でもインターネットを経由して直ぐに審査を行ってくれます。


即日融資や消費者金融の商品に関連する法律

銀行でも同じような即日融資サービスを最近開始しているのですが、サラ金と銀行では決まっている法律に違いがあります。サラ金では貸金業法という法律で会社や利用者に制限や規制を設けていて、利用者に関係する法律には収入証明書の提出義務が生じる融資額や、総量規制という借金の上限を定めるものなどがあります。特に総量規制などは、平成18年に改正されたものです。


年収の3分の1まで

借金をできるのは、複数のサラ金を合計して年収の3分の1までと決まっています。これは住宅ローンなど別のローンを合わせる必要はありませんが、サラ金やクレジットカードの借り入れ金額は、年収で上限を自動的に設けられます。借り過ぎや貸しすぎを防ぐためにある法律で、収入証明書の提出も、年収に関係なく一社から50万円以上、利用しているサラ金の合算をして100万円を超えたら、法律で利用者には収入証明書提出する義務が生じます。

より詳しい情報をお求めの方はこちら→サラ金の審査や申込みに関する総合情報サイト

05/22/14

即日融資を専業主婦が利用する場合はどうなるの?

即日融資では、すぐに現金の融資を受けることができるという理由から、専業主婦にも評判が高いと言われているそうです。しかし、消費者金融では借りることのできる人の条件に、本人に安定した収入があることという一文があります。急な出費の多い専業主婦に最適なローンはどこにあるのでしょう?


専業主婦は銀行の即日融資がおすすめ

消費者金融をおすすめしない理由に、まず即日融資のもっとも大きな魅力の、気軽に簡単な書類で、できるだけ早く現金を借りることができるというメリットがつぶれてしまうというものがあります。借りることはできるのですが、配偶者の同意書、収入証明書など準備する書類は非常に多くなりますし、その場で直ぐに用意できるものではないのです。


銀行系キャッシングは専業主婦OKが多い

銀行の行うカードローンでは、専業主婦も本人確認書類だけで利用できるものが多くあるそうです。特に子供がいる家庭では、学校の部活動のお金など急に高額な現金を必要とするケースも多いと言われていることから、銀行系キャッシングの人気が高くなりつつあるそうです。また、少額の場合は配偶者の収入証明書などを必要としないところもあるので、気軽に利用できるという意見もあるそうです。