即日融資サービスで人気のサラ金の法律

サラ金では、ずいぶん昔から少額ローンなどと呼ばれる、金額の低い融資を、担保や保証人制度を利用せずに借りることのできるサービスを行っていました。この中でも、時間がない人へ向けた即日融資のサービスは人気が高く、今でもインターネットを経由して直ぐに審査を行ってくれます。


即日融資や消費者金融の商品に関連する法律

銀行でも同じような即日融資サービスを最近開始しているのですが、サラ金と銀行では決まっている法律に違いがあります。サラ金では貸金業法という法律で会社や利用者に制限や規制を設けていて、利用者に関係する法律には収入証明書の提出義務が生じる融資額や、総量規制という借金の上限を定めるものなどがあります。特に総量規制などは、平成18年に改正されたものです。


年収の3分の1まで

借金をできるのは、複数のサラ金を合計して年収の3分の1までと決まっています。これは住宅ローンなど別のローンを合わせる必要はありませんが、サラ金やクレジットカードの借り入れ金額は、年収で上限を自動的に設けられます。借り過ぎや貸しすぎを防ぐためにある法律で、収入証明書の提出も、年収に関係なく一社から50万円以上、利用しているサラ金の合算をして100万円を超えたら、法律で利用者には収入証明書提出する義務が生じます。

より詳しい情報をお求めの方はこちら→サラ金の審査や申込みに関する総合情報サイト